『赤とんぼ』に引き続き、遠隔アンサンブル(四重奏)に参加しました。
総勢24名の大合奏!
私はフォーカリンクの漆バスC管で参加、遠隔アンサンブルに誘って下さったaikoさん(生徒さん)はソプラノF管です♪

今回の曲『彼方の光』は、琴線計画さんが遠隔アンサンブルのために編曲&伴奏を作って下さいました。
コントラバスからソプラノF管までの4パートで構成されていて、音の重なりが重厚で荘厳な響きとなっています。

実は、音源の録音・提出する際にいろいろ苦労しまして・・・
当初スマートフォンで録音したのですが、バス管とスマホの相性が悪いのか、普通に吹いているのに「ブルルルル・・・・」とフラッターをかけているかのような音になってしまいました😅。

とてもじゃないけど、こんな音は聴かせられないと思い、10年以上前に買ったローランドの録音機R-05を使って録音し直したところ、さすがは音楽用の録音機!綺麗な音で録音することが出来ました。
今までこの録音機はナイトオカリナ楽団の練習の録音に使うのみでしたが、実は機能が満載だったことを今回初めて知ったんです(苦笑)。

音源はどうやってLINEで送るんだろうとネットで検索をしたところwaveをmp3に変換する必要があることを知り、やり方を調べながらなんとかPCに取り込んでLINEに添付しました!
こんなこと初めてやりましたが、ネットで調べれば何とかなるものなんだなと自信がつきました。

今回は音作りにこだわったために動画が撮影出来ず、ちょっぴり残念ではありましたが、完成した動画を聴いてみるととても綺麗なハーモニーに仕上がっていたので安堵しました。

遠隔アンサンブルの参加によって、全国のオカリナ大好きさんとの素敵な出会いがあり、とっても楽しかったです。

誘って下さったaikoさんに感謝です!

いつかどこかで集まってリアルなアンサンブルが出来たらいいなと思います♪

24人が想いを込めて奏でた『彼方の光』をぜひ聴いて下さい(*^^*)。