先日Iさんの対面式レッスンがありました。とっても面白い方でいつも楽しませていただいています。
昨年の6月から当教室のレッスンを始めて、先月で7ヶ月経ちました(月1回、50分)。トリプルを始めたばかりの頃は、
「先生!まだ吹き口の位置感覚が分かってなくて、管を移動する時に勢い余って口が行き過ぎちゃうんです~!(泣)(泣)(泣)」
なんて仰っていましたが、3ヶ月経った頃にはだいぶ慣れて来て、
第1管から第3管まで3オクターブの音階もスムーズに吹けるようになりました。

いつもご自宅で熱心に自主練習をされて来られるので、レッスンの度に着実にレベルアップしているなぁと感じています。

もちろん音程はバッチリ、カッコいいアレンジの『かもめが翔んだ日』も、短期間で仕上げてしまうほど!

7ヶ月経った今では、基礎テキストも終わりに近づいて来ました。
今回のレッスンでは『スカボローフェア』と、わらべ歌の『通りゃんせ』を練習。
この曲、シングル管の音域では比較的吹きやすいのですが、トリプルオカリナのトレーニングのために敢えて1オクターブ上げているので結構難しいのです(^^;)。

特に『通りゃんせ』の”こ~こはど~この細道じゃ”のフレーズ。通常の運指を使うと指がつりそうになるのですが、
替え指を使って『シ♭ーシ♭シ♭レーシ♭ラシ♭ラソソラ』をくり返し練習しているうちに、難しいフレーズを吹けるようになって来ました。
Iさんの頑張り、本当に素晴らしいです!

テキスト内容をひと通り習得したらレパートリーの幅を広げるために、クラシックの『白鳥』・『愛の挨拶』・『ユーモレスク』や、葉加瀬太郎さんの『情熱大陸』をレッスンします。

これからの成長が楽しみです。

★先日Iさんにアンケートに答えていただきました↓